New!

週刊ストアジャパン

No.885-2016/05/23

今週の表紙

カスミ直営の焼魚専門店「焼きた亭」が初登場

  最近、営業開始したSMの新店は、セルフ販売から脱却し、対面販売を実施するチェーンが増えてきている。カスミが4月27日オープンした「フードスクエアカスミひたちなか笹野店」では、ナチュラルチーズやカットフルーツ、焼魚などで対面販売コーナーを常設した実験を開始し、検証している。


対面販売コーナーの強化


  「サンマのトップシーズンもサンマを焼き続けろと言っている」とカスミ藤田元宏社長。4月27日に出店した「フードスクエアカスミひたちなか笹野店」に新登場させた直営の焼魚専門店「焼きた亭」では専用の魚焼機で製造した様々な焼魚を販売する。鯵や鮎の塩焼、まぐろステーキ、まぐろテール、まぐろかまなどの他、同店に陳列されている水産品は全て焼いてもらえる。


  「食の専門店としての魅力と利便性を高め、地域のお客様の暮らしに『楽しさ、豊かさ、便利さ』をお届けし、皆様に『いいね!』と言っていただける」店づくりを推進しているカスミ。1975年から41年間営業してきた茨城県ひたちなか市の「カスミ勝田店」を今年2月21日で閉鎖し、場所を少し移動して「フードスクエアカスミひたちなか笹野店」として再オープンした。焼魚専門店以外に、同店ではワイン売場と一体化してナチュラルチーズや生ハム、ドライフルーツの対面試食販売コーナーを常設する試みも開始。青果売場の入口付近にはオープンキッチン化したフルーツ売場、花売場に隣接した壁面にカットフルーツコーナーを配置している。


  一方、直営インストアベーカリー「パン工房エミーノ」では、注文を受けてから焼き上げるピザ、オーダーを受けてから製造する作りたてパスタ(カルボナーラとナポリタンの2種類で、11時~14時までの提供)も販売。100円の価格でコーヒーや紅茶、ココア、ジュースなどとの併売を行い、イートインコーナーでの利用を見込んでいる。


  「同店で成功したものは既存店の改装時に入れていきたい」と藤田社長は語る。社長のアイデアで拳骨ほどの大きさの唐揚げ「グー唐」(同店では地元・黒澤醤油店の醤油を使用)も販売。「惣菜は名物商品をどうやって作り出していくかだ。もう一品、肉惣菜を開発していきたい」(藤田社長)。


今週の目次





流通羅針盤

多摩ニュータウン、物流大手3社が拠点を設けて共同配送


SJ決算レポート(GMS篇)

増収増益は5社。ヨーカ堂とイオン九州が赤字
 食品堅調だが、衣料と住関品の売上不振が深刻


今週の業界トピックス

SM3団体統計発表 オレンジマート 人口減、高齢化という地方都市の厳しい現実に立ち向かう
セブン‐イレブン・ジャパン 石橋新商品本部長が語る(下)
AGF 味の素との2016中元ギフトを今月全国発売
マルハニチロ 石巻工場へ57億円投資
アークス 売上高5,000億円突破し、1兆円体制作りに邁進
マックスバリュ北海道 ダイエーといちまるから21店を承継し、2ケタの増収減益
マックスバリュ九州 ダイエー承継店舗の改装効果などもあり増収大幅増益
マックスバリュ中部 M&Aの成長戦略展開し過去最高益を記録


今週の開店情報


SJ新店レポート

流通近代化・規制緩和の流れを受け「若さあふれる国」での出店を加速
 イオン ロンビエン店
スクラップ&ビルドで、若い客の取り込みを図る
 とりせん 群馬町店
都心通勤圏の子育て世代の多い肥沃なマーケットに出店
 ライフ 有馬五丁目店


業界動向

大手乳業3社、2016年3月期は揃って増収大幅増益を達成


食品マーケティング

三菱食品、次世代システム「MILAI」推進
 *ムリ、ムダをなくし(在庫管理強化)、商品情報共有へ
 *16年3月期決算は増収増益
マルハニチロ、増収増益基調へ


今週の大店立地法公示速報


交差点

インバウンド ニッチな訴求がカギ




Copyright (C) Store Japan co. All Rights Reserved.